panelarrow

協議上の離婚と裁判上の離婚1

離婚には協議による離婚と裁判による離婚の二つがあります。前者は、夫婦が協議して、離婚することをきめ、雛蛎陥を出すことによって効力が発生します。
離婚届には、蠕姻届のばあいと同様、成人二人の証人による署名捺印を必要とし、子があるときは糊権者をどちらにするかを明記しなければなりません。
ここを読んだら、出会う相手と上手に駆け引きができますね。
条件がととのっていなければ、届は受理されませんが、たとえまちがってでもいったん受理されると、離婚は効力をもつことになっているので注意する必要があります。
有効となった離婚でも、詐欺や強迫によってなされたものは、裁判所に取消しを請求できることになっています。
協議上の離婚をしたぱあいの財産分与請求については次節で述べます。
協議がととのわないばあいでも、夫婦の一方に家族法に定められた離婚脈因があるときは、他方は裁判所に離婚の訴えを提起することができ、このばあいの離婚を批判上の離婚といいます。
裁判上の離婚原因には、つぎの五つがあげられています。
1.不貞
2.悪意の遺
3.三年以上生死不
4.回復の見込みのない強度の精神病
5.その他婚姻継続を困難にする重大な理由
誤解のないようにことわっておきたいことは、あげられている5つは、離婚訴訟を起こすことができる条件であって、けっして夫婦の一方がそれらのどれかにがい当したからといって、それを理由に離婚しなければならない、というわけではないことです。
とくに、2、3、4、5の項目はとにかく、1の不貞は、かならずしも結婚生活を破壊するものとはかぎらないものである以上、ひとり合点で不貞ときめつけ、結婚の本質を忘れて、性急にそれを破壊しようとするのは、あまりに軽率であるといわなければなりません。

出典:安心出来る 出会系

Comments are closed.