panelarrow

離婚の自由について

夫または妻が導他の女性または男性を愛したからといって、その愛が夫婦愛とは異質のものであることは、右に述べたところからも明らかです。
夫婦を結びつける夫婦愛があるかぎり、夫婦愛と異質の愛がそれを崩壊させることはできないは蛍です。
そして、その二つのものが併存しえないと考えるのもまちがいである、と知らなければなりません。
夫に愛人ができたからといって、夫も妻も、そのために夫婦愛が失われたのだと考えるのはまちがいなのです。妻に愛人ができたばあいも同様です。
そうしたぱあい、結婚を破壊するのは、夫婦愛が失われることによってではなく、それが失われなければならないはずだとする考え方であるにすぎません。
夫婦愛よりも、いわゆる愛情を、結婚におけるより重要な要素であるとする考え方が、失われてもいない夫婦愛を捨て去らせることになるのです。
結婚後の生活で問題が発生し、解決しようとすると、また別の問題が出てくるかもしれませんが、相性ピッタリの結婚相手を見つければそんな心配は少しで済むでしょう。
夫または妻に愛人ができたという理由で離婚する夫婦のほとんどが、夫婦ともにこのあやまった考え方に支配されていることは明らかです。
離婚による結婚の破壊をさけるために、夫婦愛よりもいわゆる愛情を重視する夫婦は、いつか、より強い新しい愛情の出現によって、その仕返しを受けることになる可能性をはらんでいる、といわなければなりません。
そうした、いかなる愛情があらわれようと、夫師愛というより強い結びつきがあり、またその存在について正しい認識をもつかぎり、結婚は健全であるとおもってさしつかえありません。

参考:

Comments are closed.